スープ・タレ 宮崎

宮崎名物「冷や汁」ごはんは熱々?それとも洗う?2つの食べ方を試してみました

2023-07-07

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ばあちゃん本舗の冷や汁

この世に生まれ40年目にして、初めて冷や汁を食べました。

そもそも冷や汁を食べる機会がなく、福岡でも見かけることがありません。

これは正解なのか?と思いつつ冷や汁を作ってみたので、これから食べる人の参考になれば幸いです。

自分で用意する材料は3つだけなので、手軽に自宅で味わえますよ。

販売は宮崎県都城市の「ばあちゃん本舗株式会社」

冷や汁の素を販売しているのは、宮崎県都城市にある食品卸・企画販売の会社「ばあちゃん本舗」

宮崎県名物や、特産品を使った商品を多数取り扱っています。

特に宮崎県産のお肉を原料とした珍しい商品が気になるところ。

やの
ずりみそ&ブーブータンが美味しそう!

「冷や汁」の中身

冷や汁の中身

【原材料】
米味噌・鰹・果糖ぶどう糖液糖・落花生・ごま・カツオ節エキス・いりこの粉末

鰹のほぐし身が入っており、これだけでもごはんの友になりそうです。

わりと想像通りの味でしたが、このままだと少ししょっぱ辛い味です。

自分で用意する材料は3つ

冷や汁に必要な材料

きゅうり 1/2本
大葉 適量
豆腐(木綿 or 絹ごし豆腐) 1/4個

きゅうりはスライス、大葉は千切りに。

豆腐は軽く水気を切りました。

レッツ!クッキング~!

豆腐をつぶして入れます

①冷や汁の中に、豆腐を手でほぐしながら入れる

きゅうり、大葉も追加

②きゅうり、青じそを入れる

フタをして冷蔵庫で冷やす

別の保存容器のフタがまさかのシンデレラフィット!

③冷蔵庫で冷やす

冷や汁できあがり

30分ほど冷やして、はいできあがり!

ごはんにかけた冷や汁

ごはんにかけていただきまーす!

鰹と味噌が濃厚ですが、きゅうり、大葉、豆腐のおかげで爽やかに。

確かに食欲がなくなる暑い夏にぴったりの料理です。

やの
冷や汁は夏の季語なんだって

暑い日は洗ったごはんでサラッと食べたい!

冷や汁を作るまえに疑問がありました。

ごはんは熱々?それとも冷ましたものを使う?

そこでツイートしてみると、こんなコメントが。

それならばと、冷水で洗ったごはんでも食べてみました。

冷水で洗ったごはん

やの
しっかり水けを切ってね~

洗ったごはんで食べる冷や汁

冷水で洗ったごはんに冷たい冷や汁をかけると、喉越しがよくサラサラーっと食べられます。

やの
暑い日に素麺を食べるような感じかな

うどんや豆腐も!? 実は種類豊富な冷や汁

宮崎に住む方曰く、冷や汁は熱々の麦ごはんにかけて食べるよーとのこと。

埼玉県ではうどんにかけるとか!?

豆腐にかける地域もあるそうです。

山形県の冷や汁は、旬の野菜と冷たい出汁で作るおひたし料理。

やの
同じ“冷や汁”でも地域によって全然違うのね~

今年の夏は素麺と冷や汁で、暑さを乗り切ろうと思います。

商品詳細

商品名:冷や汁(185g)
販売者:ばあちゃん本舗株式会社
参考価格:378円(税込)
購入場所:福岡市内のスーパー
※2023.6 購入当時の情報です

-スープ・タレ, 宮崎